FC2ブログ
≪03 | 2019/04 | 05≫
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

お掛けになった電話番号は現在使われておりません

妄想と現実の交差した日記っぽい感じ(大人のふりかけ)

プロフィール

GAL&DO

Author:GAL&DO
「オレ達のフォワード」推進委員会 会員
オンラインゲームMHFとドラクエ
サーバー1と20にて安全作業中。

好きな武器:笛(修行中)と短剣

好きな属性:紫エフェクトの出る武器

好きなモンス:エスピナスとひとつめピエロ 
       (怒ると怖いよ・・・)

好きなスキル:笛吹名人とパルプンテ

主な作業現場:フリーダム ランド7かガダラ周辺で採取

猟団:ドンドルマ青年会

オレ流
お客様おもてなしモンス:
          スライムベス♪

同盟:何時でもオレたち魔法使い

オレ流推奨武器:轟武器か素手

リンク他:オールフリー、声掛け等必要無し

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


吃音な俺がブログとやらをやってみた

バロウェイのお散歩ゲーム小屋

礼志のテキト~日報

お勧めおしゃれカフェ紹介 関西 大阪梅田 兵庫神戸 奈良 京都嵐山 和歌山 おしゃれカフェ 絶景ポイント

ダメ子の鬱

ゲームブログランキング

ガノ子とメモの奇妙な狩猟日記

mhwはやるよ!(元、独立国家八王子のブログです)

わくわく株式投資

一言小言 ~どう思おうと好き勝手~

大好き!グラビアアイドル!

宮廷アリス

大阪からすぐの通信制 京都美山高校

真☆ナナミーの狩り忍生活☆

★ Supaku Blog ★

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

日付:--/--/--(--)
カテゴリー:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニホンムカシバナシ

日付:2012/09/17(月)
カテゴリー:普通
テーマ:
東京・多摩地域
ジャンル:
地域情報
トラックバック (0)
コメント (0)
※転載

熊野神社のこいし木


JR高尾駅北口より西八王子方面へ甲州街道にそって6~7分ほどいくと木々でうっそうとした薄暗い境内が見つかる。これが熊野神社だ。旧来より鎮守の森として住民から親しまれてきたが、神社縁起によれば、その昔諸国行脚の旅をしてここまでたどり着いた老夫婦が、紀州和歌山の熊野大社を奉斉したとのこと。その後、天正元年に北条氏照が再建したこれにいたったとか。社殿左側にはご神木があるが、風邪除け、長寿の木として地元に崇拝されている。

さて、ここ熊野神社には八王子城の恋人達にまつわるお話があります。今から400年前、八王子城主 北条氏照の家臣、篠村左近之助に安寧姫という美しい娘がいたそうです。氏照は、この娘をたいそう可愛がり、城下の月夜峰で催される宴にはいつもそばにおいていました。

氏照は笛の名手でもありましたが、この氏照に笛の指南をしたのが、浅尾彦兵衛清範で「笛の彦兵衛」と呼ばれた名手でした。
宴では、よく獅子舞が演じられ、その中にひときは上手に笛を吹く狭間の郷士の息子という若者がおりました。彼は、浅尾彦兵衛清範がある時宴に出られなくなったおり氏照に自分の替わりを務められるものとして推挙した自分の一番弟子の若者で、名を狭間の隼人といいました。

氏照は、その才能にすっかり惚れ込んでしまい、この若者を宴に呼んでは笛の音を楽しむのでした。そんなわけでしたから安寧姫とこの若者はしばしば宴の席で顔を合わせることになり、いつしか恋が芽生えるようになりました。

そして、この熊野の森で逢瀬を重ねていたといいます。その折り二人は小石と小石を堅く結んで境内にあった樫のご神木の根元に納めたといいます。小石と恋しをかけた語呂合わせとも言うべきものでしたが、その甲斐あってか二人は結ばれたのでした。

しかし、八王子城が落城のおり、狭間の隼人は、敵陣に果敢に乗り込み見事に討死に、安寧姫も燃え落ちる楼閣で一人琴をひき続け隼人を偲びながらなくなったといいます。

その後、不思議なことにこの熊野の樫の木には欅の木が宿り、二つの木が寄り添うように合体して大きく育っていきました。地元ではこの木を縁結びの木といってこの木の根元に自分の名前と恋しい人の名前を書いた小石を二つ並べておくとその願いがかなうといいます。

二人の付き合いにどんなに反対していた親もいつしか和やかな気持ちに包まれ二人の仲を許してしまうだといいます。きっとあの二人が恋の行方を見守っていてくれるのでしょう。恋するあなた、ここはひとつ小石に願いをたくしてみませんか........



DENさんのベースにななみさんは聞き惚れるのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

その他MHFブログを探す場合
フィッシング?!クリックしない方がいいよ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oreohkokukokuoh.blog.fc2.com/tb.php/90-84f36a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。